×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FAIRY TAIL のギルド概要

世界観とギルド

FAIRY TAILの世界は、機械よりも魔法が発達した世界です。
そのため私達の世界と全く異質の発展を遂げ、単純な比較は難しいのですが、
産業の技術レベルでいうと1900年前後でしょうか?

そして、この魔法を得意とする人間達による、魔法ギルドが登場します。
ギルドとは、同じ職業の人間達で構成する相互扶助的(たすけあって仕事・生活する)集団のこと。
魔法ギルドは基本的に、様々な依頼に対する成功報酬を収入源とします。
ナツたちが所属しているフェアリーテイルもこの魔法ギルドの一つです。

こちらで昔発達したギルドが閉鎖的・利権的であったのに対して、この魔法ギルドは
どのような運営するかはギルドの方針により様々です。
中でもフェアリーテイルは、各個人の意志と力を尊重した、冒険野郎達のギルドなのです。

ギルドの構成


ギルドの構成員達は、それぞれのギルドマスターが束ねている。
(フェアリーテイルの場合はマカロフ)
ギルドマスターは地方ごとに連盟があり、定期的に会議を行っている。
(地方ギルドマスター連盟・・・マカロフ達がクローバーの街で行った定例会がこれ)
また、地方連盟は魔法評議院の決定事項に対する執行機関でもある。

魔法評議院は、ERAに置かれた政府の出先機関(詳しい立場は不明。政府直属ではない模様)。
10人の評議員により裁決される、魔法界の最高意志決定機関。
また、違法行為を働いた魔道士の裁判もここで行われる。

ちなみにこの正規の制度に所属していないギルドは、俗に「闇ギルド」と呼ばれる。
殺しや、違法行為への加担など、正規ギルドが処理できない仕事を生業とする。
当然正規ギルドとの対立も発生するが、その実力は侮れないものとなっている。




これまでに登場したギルド

ギルド名 主な構成員
フェアリーテイル ナツ・ルーシィ・グレイ他
南の狼 バニッシュブラザーズ
アイゼンヴァルト
(鉄の森)
エリゴール・カゲヤマ
青い天馬 ボブ
クワトロケルベロス
(四つ首の猟犬)
ゴールドマイン
ラミアスケイル
(蛇姫の鱗)
ユウカ・トビー

TOPへ